レインボーカラー表示 説明文が思いつかないので取り合えず見てください。
LEDの表示のまま 

透明な発泡スチロールを前面に置いたもの

コピー用紙を前面に置いたもの、本当は和紙を置いて見たかったのですが手元に有りませんでした。

制御基板部分です。ATMEGA168P 20MHzです。回路図はまだ有りません。しかし回路は単純で168Pの出力可能ポートを全部出力にして東芝のトランジスターアレイのTA62083APに接続、フルカラーLEDは抵抗が付いているのでTA62083APの出力をそのまま各LEDに接続して有ります。ソフトはハードウエアのPWMの数が足らないのでソフトのカウンターで全部処理しています。AVRの処理能力に頼っています。ISPで接続してカウンターの数値を少しずつ変更して書き込んで色合わせをしました。

全体の写真です。フルカラーLEDの取り付けはドライバーICの入っていたケースに両面テープで接着して有ります。