AVRのATMEG88-20PUを使用したパソコンCNC用シンプル&ローコストの3軸(XYZ)、1-2相励磁のパルスモーター用ドライバーの動作確認
何か今の景気を現すような暗い画像ですみません。(^^);
メカは他のコンテンツ?で紹介しましたソニーのロボキッツです。ソフトはMACH3です。未ユーザー登録なので500STEPで止まってしまいます。
ペンのアップダウンの制御をしていませんので移動用の軌跡が表示されています。

img1159s

基板のアップ画像です。カメラが少し近すぎました。ICの文字は元々良く見えません。加齢者には最近のICやパーツには読み取りは辛いものが有ります。
下の空のソケットはXYXの原点センサーやスピンドル用のインターフェース用です。ICは手配中です。電源ケーブルが外れていますが24V入力でパルスモーターを廻し
下側の7805で5Vの電源を作っています。クリスタルが写っていますが内臓用8MHzのCRオシレーターを使用しています。

img1160s

裏側です。初めてポリウレタン線の0.26mmで配線してみました。配線は少ないです。この基板は優れものです。D-SUBのコネクター付きの物は非常に少ないです。
メーカーはプリント基板センターさんです。初めて少ししかユニバーサル基板を注文したのですが立派なデジタルマルチメーターを頂きました。大変有難う御座いました。この場で
お礼です。

img1163s

これは次回のための予告画像です。こうご期待 USB-CNCが出来るかも

img1154s

まごのてメカトロソフトに戻る