Arduino ステッピングモーター 3軸ドライバーシールド基板です。
基板が出来て動作確認が出来ましたので資料をアップしました。

東芝のマイクロステップ動作で定電流駆動のバイポーラ2相ステッピングモータードライバーICを使用しています。 タイプTB6560AHQ
Arduino基板の上に載せてArduinoのスケッチで3個のステッピングモーターを制御出来ます。
バイポーラ駆動はユニポーラ駆動に比べてパワーが有ります。

ステッピングモーターは2相ユニポーラタイプでも線が6本出ている物なら使用可能です。(5本タイプはコモンが共通なので使用不可)
動画をアップしました。http://youtu.be/Twa6GojwjTc

Arduinoに載せた状態です。ほぼ同じ幅で全長が少し長いです。



動作確認です。ステッピングモーターはバイポーラ用とユニポーラ用と混在しています。ドライバーICは最大電流3Aなので放熱器を付けて
放熱対策をすれば大きいモーターも廻す事は可能です。



配線図です。

3軸用 パターン設計画像

 Arduino シールド3軸用テストソフト
このソフトでは1軸毎にしか廻りませんがタイマー割り込みを使用すれば3軸同時に回せます。
3Dプリンター用のソフトを修正すれば3軸用NCドライバー基板に成りそうです。時間が取れなくてまだ出来てません。