フルカラーLEDのシリアルコントロール&VRコントロールです。
いつものAVR用多目的基板を使用してフルカラーLEDを制御して見ました。フルカラーLEDは秋月で購入したLS-002と言うタイプです。電圧は5Vで35mAX3です。
以前使った高輝度と同じ様な形状ですが最大電流が少なく抵抗が内臓されています。プログラムはArduinoで作成して有ります。以前作成した
シリアルのコントロールの物に明るさを可変するボリュームの電圧をアナログ入力で読み込んでいます。アナログの入力値は0-1023の範囲なので明るさをコントロールするPWMの値の範囲の0-255に変換して与えています。シリアルのコマンド's'でシリアル通信でRGBの値をターミナルから
入力します。'v'のコマンドでRGBそれぞれのボリュームで明るさを制御する事が出来ます。また最初の状態はボリュームでのコントロールモードになっているので、パソコンが無くても単体で調光可能です。Arduinoのソフトの最初の部分です。

画像1

シリアルコントロールのターミナル部分です。
左側はボリュームで制御している時の値のエコーバックのモニター画面です。右側はシリアル制御の時の操作とモニター画面です。

画像2画像3

動作確認中の画像です。フルカラーLEDの色が変化しています。

画像4     画像5

画像6     画像7

製作した基板のアップ画像です。制御しているFETのドライバーは最大3Aまで流す事が出来るので、3端子レギュレータをパスして5V3A位の
直流電源に変更すればフルカラーLEDは50個以上接続してフルカラーLEDをする事が可能です。

画像8

動作確認中のパソコンの画面です。

画像9

オークションに出品用の画像です。
ACアダプターの容量が7V400mAなのでフルカラーLEDは3個まで点灯する事が出来ます。

画像10

ColorLED_serial_VR_100 のソフトです。

まごのてメカトロソフトに戻る