三菱のシーケンサFX1Nを使用したXYテーブル、概観です。

オリエンタルのパルスモーター5相タイプです。

操作はタッチパネルを使用してます。画面左側の位置データと表示されている部分が位置決めポイントのデータです。XYテーブルのストロークがX軸150mmY軸100mmです。FULLSTEPの設定で最小0.01mmです。シーケンサの
記憶出来るデータメモリーに記憶しています。位置決めデータはポイントをタッチすると、テンキーが出てくるので
入力すれば移動中でも位置データの変更は可能です。(危険ですが)右側の+STEPと-STEPボタンは各個操作の時に位置決めポイントへの1ステップ移動用です。

XYテーブルの概観です。

横からです。

最近の小型のシーケンはパルス出力が内蔵されているので難しい制御でなければ簡単に出来ます。