三菱シーケンサQシリーズを使用した通信確認です使用したソフトはHSP3

こちらもよろしく三菱シーケンサQシリーズをOpenOfficeのOOoBASICで通信
mithubishiq_openoffice.html

USB-RS232Cアダプター使用の有線接続とBluetoothを使用したワイヤレス接続です

有線接続はwebで入手したローコストのUSB−RS232C変換ケーブルと通信ユニットとの配線変換アダプターです。
左側部分のケーブルです。

無線接続は左下部分です。Bluetoothのユニットと通信ユニットとの接続はローコスト基板タイプのUSB−RS232C変換です。
Bluetoothの出力電圧レベルは3.3V RS232C-5V変換基板の変換ICは3.3Vタイプに交換しています。有線タイプと同じ様に
通信ユニットとの配線変換アダプターが有ります分かりやすい様に色別のバラ線です。電源は12V(24V)を使用して3端子レギュレータで
5Vと3.3Vを作っています。基板からはみ出ています。

確認の様子

Win7の通信ソフトの操作画面
下側は受信データの履歴です。サムチェック有りの設定です

HSP3のソフト (ここから画像が2枚行方不明です)



GX Worksのモニター画面
まだ、IOユニットが入手出来ないのでMコイルでモニターです。GX Worksはユニットの設定などは便利なのですが慣れるまでが大変そうです。

通信ユニットQJ71C24-R2の設定画面

CH1とCH2は設定を変えてテストしました。