CAD−MOVE2 本格的なハードによるキャドムーブのテストです。
仕事で使用出来る産業用機器でまとめたテストです。XYテーブルはIKO製の100x100ストロークのXYテーブルモーターは松下製100Wサーボ2軸です。
移動用の制御コントローラは松下製シーケンサFP−Xです。パソコンとの接続はシリアル接続(USB接続も可)現在は制御用ラダーシーケンサデバックのためUSBポートを
使用しています。サーボは3相AC200V使用ですが負荷が軽いため単相AC200Vで使用しています。テーブルの上に150x200x10mmのプレートを載せて動作確認用の紙を
載せて有ります。シーケンサが24V仕様のためDC24V電源が付いていますが、AC電源用のシーケンサを仕様すれば要らなくなります。非常にシンプルな装置に成ります。

画像1

動作確認用の画像です。ペンの上下機構を付けていないので一筆書きモードです。

画像2

コントローラの拡大画像です。

画像3

JW−CADのCADの画像です。

画像4

エクセルVBAの制御ソフトです。シーケンサの位置決めデータはアブソリュート(絶対位置モード)なので位置データは原点からの絶対位置です。

画像5

エクセルVBAの制御ソフトの一部です。シーケンサは文字列の処理が不得意なのでシーケンサが処理し易い用にVBA側で少しデータを加工してます。

画像6

FP−Xシーケンサ側のラダープログラムです。このシーケンサは小形タイプですが高機能で4軸制御可能で2軸直線補間機能が有ります。
プログラムの最初の部分で位置データの受信処理部分です。

画像7

以上です。