動体検出した物を捕捉出来る様になりました。捕捉している枠は緑と赤で表示されています。
捕捉している物はお酒に付いていたおまけです。高さ6cmぐらいの物です。釣り糸で1.5mの長さで上から吊ってあります。左右に振らして
リアルタイムで表示している画面をウインドキャプチャーした物です。
捕捉する枠は早い動きに対してはキャプチャー画像の3フレーム分遅れます。動きが早い時は原理上どうしようも無いかも知れない。

画像

2枚目のキャプチャー画像です。動きが前よりゆっくりです。

画像4

動作選択でライブと2値化と動体検知が切り替え出来ます。2値化のキャプチャー画像です。2値化では動く物だけ取り出すのは難しい。

画像5

ライブ画像です。動いている物が後ろのガラスに反射して影響が有ったので幕を垂らして有ります。
反射が無ければ背景は複雑でも影響しません。ピカピカ光っている物が有るときはだめです。

画像6

動体検知は動いていないと背景と同じ様に黒くなってしまい表示出来ません。その為一定速度で画面の中を動かすのは大変です。
 糸で吊るすのは考えあぐねた末のグッドアイデアだと自我自賛です。他に動いている物とか反射が有ると誤動作してしまいます。
まだまだ改良点があります。