エクセルデータで円弧補間の報告 (日記と重複してます)


開始点と終了点で1mmの誤差の補正をエクセル上で行った。
エクセルのベクトルデータを確認した所X軸方向は誤差0、Y軸方向は+0.20
有りました。しかし実際の描画と合わない。
PICの直線補間の誤差なのかも知れないと思い考えたが円を描いているので
打ち消されるのかも知れない。良く解らないのでソフトの事は一先ず置いて置きメカのバックラッシュの性にしてX軸にステップ毎に+方向だけ3パルス
3/100mm加算、Y軸方向に1パルス1/100mm加算して描画。


お見事、円に成りました。
物差しで計った位では分からない。
メカがいまいちなので上出来かもしれない。


実際の描画の写真は今回はパス。エクセルの動作画面をアップします。

エクセル画像

左側がPICにシリアルで送っているデータ

右側はベクトル計算の模様

グラフは円の頂点を結んだグラフ(リアルタイムで描画されるのでデータの確認には非常に便利です(エクセルは偉い)

まごのての操作パネルを一新しました。

操作パネルのプログラムです。

エクセルプログラム1

xppとyppの最後に加算してある+3、+2はバックラッシュ?の補正値です。

エクセルプログラム2

 

 

まごのてメカトロソフトに戻る