”まごのゆび”登録商標かな?
R8C/Tinyを使用した10軸ラジコンサーボ基板を使用してエクセルから手動操作、自動動作をする、
ソフトと動作確認用メカです。(あくまでも動作確認用です。機械的強度が有りません)
テスト風景です。使いふるした工作用のまな板に乗っています。基板は前回アップしたものです。
R8C/Tinyのプログラムは順番にラジコンサーボにパルスを送る様に変更しました。10軸対応です。

画像1

画像2

画像3

エクセル動作画面です。
B列が自動スタートボタンで動作する軸データです。左下の動作コントロールボタンは自動動作中に操作します。
動作途中での一時停止、ステップ前進、ステップ後退、連続前進、連続後退の動作コントロールが可能です。
右側のスライダーは各軸の手動動作が可能です。右下の位置はアクティブなセル位置を表示してます。読出しボタンを
クリックするとセル位置の軸データが読込まれ各スライダーとサーボの位置に反映されます。そこでスライダーを操作して
軸の位置を変更、修正して書込みボタンをクリックすると修正したデータがセルに書き込まれます。動作の修正、変更が
リアルタイムで可能です。
産業用ロボットのティーチングボックスを使用したプログラムに比べ格段に進歩していると自我自賛です。(^^);
 画像4

エクセルVBAのソフトです。

画像5

画像6

画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

プログラムはここまでです。シリアルのソフトは木下さんの”ec”を使わせて頂いています。感謝です。
ソフト先行なのでこれからメカを作って行きます。しかし工作室(倉庫兼事務所)の暖房が貧弱な為、寒い間はあまり進みそうもありません。

 

まごのてメカトロソフトに戻る