トラ技の付録基板のR8C/Tinyを使用した10軸ラジコンサーボコントローラ基板とエクセルVBAによるコントロールソフト

表題が長すぎです。取合えず画像をアップします。写真ばっかりです。

デバック中の模様です。まだ、サーボが6個しか無いので6軸同時動作です。

画像820

基板のアップです。抵抗は無くてもよさそう見たいですが安全とジャンパーを兼ねて入れて有ります。

画像821

基板裏側です。説明は特に要らないと思います。何にも細工が無い。

画像822

エクセルの実行画面です。
B列が移動データです。Nは全部ニュートラル位置(パルス幅150mS)Rは全部右端(50mS)Lは左端(250mS)
D1000は1000mS停止です。a050は1軸のパルス幅を500uSに設定、右端へ移動します。その後設定した
送信遅延時間500mS後に次のコマンドを送って行きます。操作パネルをクリックすると右下の操作パネルが表示
されます。手動のときはテキストボックスの内容が送られます。自動の時はスタートボタンでB2セルのデータから下に向かって
コマンドを送って行きます。空白セルで停止します。連続をチェックするとセルの範囲を繰り返して実行します。
停止はストップボタンです。

画像5

エクセルVBAのソフトです。
シリアルの制御ソフトは木下さんのECを使わせて頂いています。感謝です。標準モジュールにいっぱい入ってます。

画像8

画像9

ここからR8C/Tinyのソフトです。
シリアルとタイマー割込みはトラ技2005年5月号を参考にさせて頂いてます。島田さんに感謝です。

画像18

画像18

画像20

画像21

画像22

画像23

画像23

画像25

 以上です。

 

まごのてメカトロソフトに戻る