2軸直線補間基板の制御ソフト (VB2008)

VB2008の無料の開発環境が出来たので2軸直線補間基板の制御ソフトを作りました。
シリアルの制御部分はweb上にあったソフトを参考にさせて頂きました。感謝です。非常に丁寧に作られています。実際のハードウエアでは
試していないと言うことでしたが、自分の基板では問題無く動作確認出来ました。お礼の書込みをしようとしたのですが書込み先が見つかりませんでした。この場をかりてお礼を申し上げます。このソフトもweb上のいろいろな方の情報が無ければこんなに早く出来なかったと思います。改めてインターネットの”ご利益”に感謝します。
エクセルのソフトはシリアルのポートの設定はVBAを変更しないとだめでしたが今回は簡単に出来ます。
動作を記述したXYのデータもテキストで書込みと読み込みが可能です。文字列送信ボタンは普通のターミナル操作が可能です。ステップ起動は
1行毎の動作ボタン。起動ボタンは送信データの先頭から連続実行です。空白行で起動終了です。停止ボタンは1行実行後停止します。左側のウインドウは送受信のモニター画面です。(参考ソフトそのまま(^^);)
右側のウインドウは送信データです。テキストボックスなのでこのまま移動データの編集が可能です。

実行画面

シリアル制御を除いたソフトです。イベントドリブンなのでメインプログラムが有りません。タイマーで監視しています。横着なのでVBのデバック画面のキャプチャーです。
その1

VBソフト1

その2

VBソフト2
その3

VBソフト3

これでおしまいです。見栄えの割には簡単です。
改良の余地はいっぱい有りますが取り合えず動作確認OKです。
VBも.NETになってからはクラス等の概念(良く理解してない)が入って来たのでBASICでもC++と考え方が同じに成ってしまい、昔、覚えていたコマンド等が使えません。入力支援が充実しているのでキー入力は少なくなりましたが、イベントドリブンで制御をしなければならないので、これからソフトの勉強をする人はいろいろ大変だろうと思います。

まごのてメカトロソフトに戻る